断熱工事不十分で雨漏り修理(杉並区)

杉並区のI様から、天井面にカビが発生して困ると連絡がありました。
I様は、マンション住まいです。斜線制限でカットされた外壁付近の
天井面が特に酷いということでした。実は、数か月前に他の業者に
よりウレタンの吹き込みによる断熱工事を実施したとこことでした。
ところが、施工部分にカビが再発したというのです。調べてみると、
天井面に断熱材が施工されていなかったため、外壁に近い天井面が冷たくなり結露が発生
いたのです。結露対策のはずのウレタンによる断熱工事は吹き込みが
不十分だったのです。そこでウレタンが充填されていなかった部分に
ウレタンを再度吹付、仕上げをやり直しました。最初にカビが発生
した際に、ボード系の断熱材を張る方法と執るか、ウレタン吹き込み
施工で対応するならば、ウレタンが到達しなければならない部分に
あらかじめ穴を開け、充填状況を確認できるような方法で施工すべき
でした。この事例は、他社のミスが元で依頼があったわけですが、
どの業者でも容易に盲点をなりうるため、今後の弊社の心がけの一つとして
大変参考になりました。

天井カビ

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP