雨漏り修理[笠木は屋根と同様の処理が必要]>中野区

中野で雨漏りがあるとご相談があり、現場調査に行ってきました。
雨漏りは1階の天井に発生しており、すぐ上に位置するベランダを調べてみると、
防水シートは劣化しており、笠木の木部が雨水を含んで腐食していました。
笠木のくぎ穴やつなぎ目から雨水が侵入してそのまま内部に留まり、
直射日光にさらされた状態が長年続いたために、木材にとって対敵の高温多湿になり、
防水シートや木部の劣化を早めていたのです。
逃げ場を失った雨水は、下地を伝って1階の天井に雨漏りとなって現れたのです。

808_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_592

聞き慣れないかもしえませんが「笠木」とは、ベランダの上部を覆う部分で、
鳥居や門にも使われている上部の仕上げ材です。
防水、防腐には欠かせない大切な部分なのです。
ベランダは直射日光にさらされているので建物内部より劣化が早まります。
雨水はベランダの床からだけでなく、手すりのひび割れやズレからも侵入する事は
ほとんど知られていない事実なのです。

笠木は屋根と同様の処理が必要です。
くぎ穴やつなぎ目は特に丁寧に塞ぎ、防水シートは1枚より2枚と重ねるなどの処置が
後々の雨漏り防止に繋がります。
雨漏り修繕の現場に行くと、この当然とも言える処理がされていない場合が多々あります。
雨漏りには必ず原因がありますので、早めのご相談をお待ちしています。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。