屋根修理[雨漏りに気付いたときには内部腐食]>新宿区

雨漏りは雨降りのたびにするわけではなく、
屋根から雨水が侵入して内部の防水シートや木材が吸収しているため、
天井の染みなどで雨漏りを認識した時には、
すでに長い月日が経ち、内部が腐食している事が考えられます。
そのため早めの対処が必要になります。
大掛かりな補修工事になる前に定期的なメンテナンスをおすすめします。

807_DSCN2364

新宿のお客様より、年内にと雨漏り調査のご依頼をいただきました。
調査の結果、瓦屋根がずれた事に気付かないまま放置したため、
内部に入った雨水によって防水シートが破れて、
防水シートの役目を果たしていない状態です。
ご相談の結果、屋根の葺き替えと構造部分の補強、
天井の張り替えをご提案させていただきました。

長い時間をかけて屋根から雨水が侵入していたため、
雨漏りも酷く、屋根内部の土台や梁の腐食が見られました。
このまま放置すると建物の寿命を縮めてしまうだけでなく、
カビやシロアリなどの2次被害も出てしまうので注意が必要です。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。