首都圏直下型地震に備える屋根修理 -2- (世田谷区)

昨日のブログの続きになります。
実験の結果、2階南側の床面の固有振動数は、5.5Hzから7.1Hz
へと上昇しました。揺れ幅は、0.78cmから0.44cmに現象しました。
建物の重量が軽くなったために固有振動数が上がり、
揺れが小さくなって、耐震性が増加したと考えられます。
さらに実験を行った場所の地盤の固有振動数は3Hzだった点を
踏まえると、屋根の改修後は、建物と地盤がより共振しにくくなったと
言えます。
今回の実験では、耐震診断ソフトを使っての検証も実施しました。
使用したソフトは、日本建築防災協会の木造住宅耐震診断プログラム
の評価をうけている「木耐博士」です。屋根荷重の変化に対する
耐震改修時の影響を検証しました。
その結果、壁のみの耐震改修では17か所の回収が必要となりました。
一方、屋根の軽量化と合わせて行えば、壁の改修箇所を6か所に
抑えられると分かりました。
試算すると、壁のみ17か所と屋根と壁の計6か所の回収費用は
同程度でしたが、屋根の回収を同時に行うことで、耐震だけでなく、
住宅の劣化・維持管理対策の効果も期待できます。
壁の回収箇所が少なければ、家財道具の移動も減らせるといった
居住者の負担も低減できることになります。
屋根と壁を同時に改修するメリットは大きいです。
J様は、今回瓦屋根からアルミニウム・亜鉛合板メッキ鋼板製の
屋根材に葺き替えることになりました。

葺き替え後