雨漏り修理[雨水侵入は外壁から]>足立区

雨水は、劣化した屋根からだけでなく外壁のひび割れからも侵入してきます。
足立のお客様より、リビングの窓付近から雨漏りするとご連絡いただきました。
現場調査に伺うとリビングに面した外壁にひび割れが見られ、ここからの浸水と判明しました。
ご希望により、ひび割れの修繕とともに全体の外壁塗装を施す事になりました。

803_DSCN2661

外壁塗装の手順は次のようになります。

1.今後のスケジュールを説明し、足場を組み立てます。
2.高圧洗浄機で外壁のホコリを洗い落とします。カビは下地に根が残らないように
根こそぎ綺麗に洗浄します。洗浄をきちんとしないと、後の塗装のひび割れや浮きに繋がります。
3.塗装しない玄関ドアやサッシ、建物周りの車や植物などにもシートを被せて養生します。
4.壁のひび割れやコーキングの隙間修繕。
5.剥がれている古い塗装を取り除いたり、サビを綺麗にして下地調整を行います。
6.上からの塗装のつなぎを良くするために下地処理を行います。
元の外壁色をリセットし、外壁本体へ塗装が浸透してしまうのを防ぎます。
7.下地に厚みを持たせ、上塗りを補強するために中塗り塗装をします。
まだら状に色落ちするのを防ぐ効果があります。
8.その後乾燥させ、仕上げの上塗りをします。基本的には3回塗りをしていますが
傷みが激しい場合や、日向、日陰により回数を変更する場合もあります。
9.養生を撤去して仕上がりを確認し、塗料の飛び散りを除去します。
10.お客様に確認していただき、足場を解体して作業で出た汚れやゴミを掃除して完了です。
足場を外したら全景が見えて、新築の時のようによみがえったとご満足いただけました。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。