子供たちは東京オリンピックなのに生で観戦できない?[保土ヶ谷区]ドローンで屋根確認。屋根補強で災害対策するなら今!

災害に強い家 屋根補強 

来年夏の東京オリンピック・パラリンピックで子供たちに割りあてられる観戦チケットで
低学年を中心に辞退する学校が増えています。
昨年の時点ではほぼすべての学校が希望していたのに、なぜ辞退が増えたのでしょうか。

オリンピック等を生で観戦できる機会は滅多にないため、貴重な観戦にできるだけ児童を
参加させたいという思いを学校は持っていたのですが、特に低学年児童は体力がないために、
観戦などで移動する際や観戦中に熱中症になるリスクも高い。また観戦に向かうのも貸切バスが
認められていないために、大勢の児童が電車で移動することになり、安全性の確保も難しい。
安全に楽しく、大勢の人が観戦する機会をつくるには、近場で集合場所を作る、テントやプレハブの
活用など、さまざまな工夫が必要になりますね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、
自然環境に さらされており、 ダメージを受けやすいところです。
知らぬ間に損傷していることも。。 弊社では屋根調査に ドローンを
活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら 今後の
補修計画を立てられます。 屋根がメンテナンスされて いないと、
台風や梅雨で 被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな
修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。