屋根修理[寒さ対策の屋根リフォーム]>足立区

12月に入り、雪の予報も気になる季節になりました。
冬は冷気が屋根や壁からも入ってきます。そのうえ室内の暖気が逃げてしまうのです。
屋根リフォームの際に寒さを軽減できる断熱方法があります。
足立では屋根材のズレから雨が侵入し、調査ののち修理に伺いました。
幸い野地板に影響はなかったので、断熱材を鉄板の間に入れていきます。
小屋裏断熱ができない時は、屋根裏に断熱材を入れると寒さも軽減されます。
夏も太陽など外からの熱をシャットアウトし、室内の冷気を逃がさない効果があります。
夏の天井裏は50度を超えると言われています。

800_DSCN2439

「屋根断熱」
屋根の勾配に沿ってに断熱材を施工する方法です。
空間を有効利用する事ができるので、ロフトや吹き抜けを作る事ができます。
天井よりも広い範囲に施工するので、天井断熱よりコストが高くなります。

「天井断熱」
天井の上にグラスウールやロックウールなどの断熱材を敷きます。
夏には高温になるので、小屋裏換気をしっかりする必要が出てきます。
小屋裏の面積だけの施工なので、コストを抑える事ができます。
小さいリフォームでも、暮らしてみるとその違いを実感する事ができます。
屋根リフォームの際に寒さ対策も念頭に入れて考えてみてはいかがでしょうか。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。