屋根修理[谷樋の劣化]>新宿区

関東でも週末に雪が舞う予報が出ており、
そろそろ屋根の雪対策も気になる季節です。

「雨漏りで困っているので見てほしい」と新宿よりご連絡いただき、調査。
屋根に上がらせていただき調べてみると、
谷樋のサビ、めくれ、隙間などの劣化が見られます。
谷樋は立地や住宅の造りによって設けなければならない場合があり、
片流れや切妻屋根などのシンプルな屋根に比べて、雨漏りの発生頻度が高いのも事実で、
谷樋からの雨漏りはとても多く見受けられます。
雨が降ると、谷樋に雨水が流れ落ちて集水する役割があり、
水が一点に集中して当たると、いずれ金属にも穴が空いてしまいます。
この季節は雪も溜まりやすくなって、
気温が低いために溶けない雪がずっと屋根に乗っている状態になる場合もあります。
そんな酷使されている谷樋は歪む事もあり、雨水がスムーズに流れず雨漏りの原因になるので
定期点検が必要になってくるでしょう。

798_DSCN1322 2

谷樋のほかに屋根材や棟板金の劣化があり、
棟板金から雨漏りの疑わしい所もあったため全面葺き替えを決められました。
今回は全面葺き替えでしたが、谷樋の劣化のみと判断した場合は谷樋周辺の屋根材を一時撤去し、
古い谷樋を撤去後、新しい谷樋を設置し、屋根材を元に戻す方法もあります。
部分劣化でも、この機会に全面葺き替えを望む方もいらっしゃいます。
屋根の状況やご予算によって、お考えいただければと思います。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。