外部に損傷が見当たらない場合の雨漏り 墨田区

天候の被害などで明らかに屋根の損傷が見られる場合は
雨漏りがするのもはっきりと目で見られるわけですが
では、外観からは損傷が見当たらないのに雨漏りが起きた、という場合、
ではいったいこの雨水はどこから来たものなのでしょう?

まず侵入口として考えられるのは、
屋根、外壁、ベランダ、サッシなどがあります。
が、そこからどこかを必ず経由して天井に達している、というわけです。

つまり、その通り道になっている柱や梁、壁なども当然濡れている、ということになります。

天井部分も心配ですが、実はこの、柱や梁、壁などの通り道の部分もじわじわと腐ってしまったら

気付かぬうちに地震に弱い家になってしまいます。

たいてい雨漏りというのは,浸み込んだ水分を吸収できなくなった時に起こることですので、
すでにそのときは大変な状況になっている、ということなのです。

さらに
木材に水分がたまり、湿気の多い状況が続くと、シロアリの発生にもつながってしまいます。

そして気付かないうちに家全体の環境は悪くなり、アレルギーやカビが発生し、住人の健康までも悪影響を及ぼしてしまうのです。

大切な我が家と家族のためにも、雨漏りは絶対にほって置かないでくださいね。

外部に損傷が見当たらない場合の雨漏り

お気軽にお問い合わせください。