パイプの納まり不良による雨漏り修理(港区)

港区のF様から雨漏りの連絡があり、築30年の5階建て
鉄骨造事務所ビルに伺いました。

雨漏りは、戸建て住宅に多いという印象をお持ちだと思いますが、
雑居ビルも少なくありません。戸建て住宅に比べ築年数が経って
いるものが多く、設備が古いこともあり、複雑で原因を究明するのに
時間がかかります。F様によれば外壁をアルミサイディング
で覆ったり、ベランダに庇を取り付けるなどの改修工事を行ってから、
3階トイレの天井と壁で雨漏りが見られるようになったそうです。
にわか雨程度でも、降雨後30分たつと雨が漏れてくるのだそう。
調べてみると、ベランダの壁面に貫通した配管周りのシーリング不良と
壁面の亀裂が直接の原因だと分かりました。壁面の入隅分に
2本の配管が貫通していて、防水施工や構造上からの無理な納まり
だったのです。以前から壁面内部には侵水していた形跡も伺えました。
改修工事でベランダの庇の雨樋を、配管の真上に取り付けてしまった
ため、屋根面に降った雨水が桶を通して配管に直接かかる状態になり、
壁面に伝わる雨水の量が増えて室内に漏水したのです。
配管周りに止水剤を注入し、雨樋を配管にかからない位置にずらしました。
このビルではベランダの配水管が小さいため、雨樋を外部のマス
に直接配水できるように配管をし直しました。

パイプの納まり