屋根修理をお待ちの間に新たに被害を発見 目黒区

屋根修理のご依頼をいただいてから、順番をお待ちになっていただいている目黒区のS様から
改めてご相談をいただきました。
この機会に屋根の吹き替えを検討しているとのことで、いかがでしょうということでした。
再度、被害状況やその後の状況をお聞きすると
2Fの押入れ脇に天井から雨漏りが発生したということです。
その上にある屋根部分を確認するためにあわてて登って見てみたら、瓦が飛ばされて
むき出しの部分を発見したので。とのことなのです。
被害直後はその箇所は確認できなかったらしく、
いつのことなのかはわからないということでした。

今年は本当に風の被害も多かったせいか、瓦が飛ばされている!という慌てたお電話も、実は
多くいただいています。
S様宅は築年数も古く、耐震性のことなども考え、この機会に吹き替えをと思いとのことでした。
先日早速伺って屋根を拝見すると、既存の屋根は瓦屋根の土葺きでした。
高台だったせいか、S様のご確認よりたくさんの瓦が飛ばされていました。
実は土葺きは経年によって土の耐久性が低くなっていくため、瓦が落ちやすくなる場合も
あります。飛んでしまった瓦部分は下地がむき出しになり、雨が染み込み易くなっていま
した。雨漏り予備部分が他にも見られたので徹底調査をいたします。

その後、S様から正式に依頼されましたので早速工事に入りました。
全ての瓦を撤去し、下地の土も全て取り除きます。そこにあった古い防水シートも外しま
した。その後下地調整をし、新しい野地坂を上に貼っていきます。
その上に新たな防水シート、そして金属屋根材を貼っていきます。
最後に棟板金を貼り付けて工事は完成いたしました。

屋根修理を待っている間に

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。