新築ほど、雨漏り修理トラブルが目立つ -1- (杉並区)

杉並区のW様から雨漏りの相談がありました。W様のお宅は新築なので、
なんでこんな目に遭うのだ、と嘆いてらっしゃいます。

以前から、たびたび築浅物件の雨漏りトラブルが多いことを
ブログを通して伝えていたわけですが、それが単なる印象ではなく、
事実であることがわかりました。
住宅に関して消費者と事業者との間で小実トラブルなどの解決を
支援する住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、2019年8月5日
18年度における相談・紛争処理の件数などを集計した「住宅相談統計
年報2019」を発表しました。
住宅の新築・取得やリフォームなどに関する「電話相談」件数は
合計3万2253件で、前年度から14.6%増加しています。全体として右肩
あがりの傾向が続いているのです。内容では、「住宅のトラブルに
関する相談」が最も多く64%でした。
新築に関する電話相談で、「評価住宅」「保険付き住宅」「評価・
保険付き以外の住宅」の別では、評価・保険付き以外の住宅が最も
多く8062件ありました。保険付き住宅は6519件、評価住宅は874件
でした。評価住宅は、「住宅の品質確保の促進に関する法律」に基づく
「建設住宅性能評価書」の交付が確認できた住宅、保険付き住宅は
住宅瑕疵担保責任保険(1号保険)付きの住宅をそれぞれ指します。
10年度以降、「保険付き住宅」の割合が年々増えており、18年度
初めて新築に関する電話相談件数が全体の40%を超えたのです。

住宅トラブル1

明日に続きます。