雨漏り修理の最新対策 -1- (港区)

港区のT様から雨漏りの連絡があり、伺ってまいりました。
T様のお宅は築浅で、とてもおしゃれな外観でしたが、軒の出
がほとんどない屋根でした。最近T様のケースのように、デザイン性の
高い住宅が増えましたが、それに伴い、雨漏りのトラブルも
軒並みに増えています。
住宅瑕疵事故の多くを占めるのが、雨漏り・結露のトラブルと
いわれています。
雨仕舞や防水対策は、住宅供給者にとって常に重要視される関心事
であります。しかし、一方で完全に防ぐことが難しく、住宅性能の
工場や新たな工法の普及によって、従来では起こらなかったタイプ
の雨漏り・結露による被害が現れています。
軒の出や庇の少ない壁面、陸屋根や一体型バルコニーの存在など、
外観の見た目重視で防水施工への依存度が高い住宅は、旧来の
開放的な外皮性能を持つ住宅より浸水雨水や内部結露水など水分の
滞留による木部劣化のリスクが高まっています。現代の住宅に
おいて、適切な雨仕舞・防水施工とはどのようなものなのか、
模索する日々が続いていますが、その解の一つになりそうなことを
国土技術政策総合研究所の報告から得られました。
明日に続きます。

陸屋根