いま英検を受ける小学生以下の子供が増えているんです「保土ヶ谷区」ご自宅の屋根は大丈夫ですか?屋根診断はドローンで。雨漏り対策、災害対策。

屋根修理 屋根調査 ドローン

子供たちの英語熱が過熱しています。
英検を受験する小学生以下の子供たちが年々増加しており、
志願者は14年度の33万3千人から18年度は41万5千人にまで
増えています。その理由としては中学受験で英検が有利となる学校が
出てきていることが挙げられます。

新しい大学受験共通テストでは英語民間試験の利用が見送りになりましたが、
中学受験では英検優遇校が増えてきており、小学生向けの大手塾や英会話教室でも
英検対策の特別クラスを開いており、英検を受験する生徒たちで溢れています。

国際的にみて日本は英語難民といわれるほど、英語を話せる人が少なく、多くの時間を
費やしたのに英語を話せずにコンプレックスを持っている人も多い。
文科省が掲げる英語教育の低年齢化により、将来多くの日本人が英語難民を脱することが
できるようになるといいのですが。。。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、
自然環境に さらされており、 ダメージを受けやすいところです。
知らぬ間に損傷していることも。。 弊社では屋根調査に ドローンを
活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら 今後の
補修計画を立てられます。 屋根がメンテナンスされて いないと、
台風や梅雨で 被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな
修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。