築浅での雨漏り修理物件が増えている(杉並区)

何度かブログで触れてきましたが、最近、新築または築浅物件での
雨漏りが少なくありません。腕の良い大工さんが減ってしまったことが
大きな原因の一つでしょう。また、コスト減意識が高いため、工期を短く
することにとらわれ、手抜き工事も行われているようです。
とは言え少子化ということもあり大工さんも後継者問題が
ありすぐには問題を回避できません。なので、ここは消費者として発注する
際に気をつけるべきことを知っているかどうかが肝心だと思います。
杉並区のH様は、そろそろマイホームを購入しようと考えられているとのことでした。
なので、消費者の立場からどう雨漏り物件を回避するかを説明いたしました。

(1)できる限り軒やひさしのあるデザインを!
諸条件で難しい場合もありますが、雨の吹き込みを抑えるためには、
できるだけ屋根は軒を出し、窓にもひさしをつけると雨漏り対策には優位です。
リフォームで後付けできるひさしもあるので是非検討してみてください。
(2)外装工事は重要
雨漏りを防ぐためには、外壁と屋根工事は手抜かりなく施工することが大切です。
信頼できる工事業者に依頼したいものです。通常、外装工事は施工個所によって作業する
職人が異なりますが、できれば現場全体をまとめて統括する現場監督のシステムをとっている業者
がベターです。

(3)換気は吸気も考えてる
現代の家の換気には、水回りはもちろん居室などでも換気扇が便利ですが、
換気扇は主に排気をするもの。湿気を追い出し、確実に換気をするには外気を取り込む
必要があります。換気扇をつけるなら、吸気機能のあるものを選ぶか吸気口を設けるように
します。
(4)バルコニーと掃き出し窓には段差が必要
バリアフリーに反することではありますが、雨漏り対策としてはバルコニーから
雨水が入らないよう、掃き出し窓とバルコニーには段差をつけた方が良いです。

玄関庇

 

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP