20205年には700万人に。金融機関が推し進める認知症対策とは。。。【保土ヶ谷区】長く住める家作りに必要なのは屋根の補強、メンテナンスです

お家の瓦屋根は大丈夫?屋根調査、メンテナンス 

認知症対策で大手銀行が相次いで新サービスを始めています。
2030年には認知症の人の資産額が今の1.5倍の200兆円になると試算されており、
その資産をどう守り、どう活用するのか。認知症の人は2015年の約500万人から
25年には高齢者の2割にあたる約700万人に増えると予想されており、認知症になる前に
本人の望む形でお金を使えるようにする準備が必要です。

認知症になって判断能力が落ちると預金口座が原則的に凍結され、生活費や介護費も
下ろせなくなる恐れがあります。そうなった際に代理人がスマートフォンでお金を下ろせる
仕組みを某銀行は商品化しました。認知能力が落ちる前に銀行と信託契約を結び、
自分の代わり入出金する代理人を選び、代理人は医療費や生活費など本人のために
使った費用の領収書をスマホで撮影し、銀行に送信して払い出しを請求すると、内容が
事前登録した人にアプリで知らされ、問題なければ請求から5日後に払い出す仕組みと
なっています。親族らの使い込みなどを防ぐためにお金の動きを見える化しています。

また認知症と併せて相続に備える制度として家族信託も増えています。
親の預金や不動産の管理方法を家族間で取り決めておき、財産を持つ親が委託者で、
受託者である子らに管理を任せ、預金は銀行で信託専用口座を作り、信託契約に沿って
活用する仕組みです。

金融機関のさまざまな制度で、これまであった問題を解消し、当事者が望む形でお金が活用されると
いいですね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、
自然環境に さらされており、 ダメージを受けやすいところです。
知らぬ間に損傷していることも。。 弊社では屋根調査に ドローンを
活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら 今後の
補修計画を立てられます。 屋根がメンテナンスされて いないと、
台風や梅雨で 被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな
修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。
まずは下記までお気軽にお問合せください。
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com
フリーダイヤル 0120-494-978

PAGE TOP