サッシ絡みの雨漏り修理 (2)(杉並区)

昨日のブログの続きになります。
開口部の場合、基本的にはサッシの上面には水がたまりやすいです。
なぜならサイディングの裏側を流れ落ちてきた雨水がサッシ上枠上面に
たまるからです。ここから速やかに雨水を排出するためサイデ
ィングとサッシ上枠との間は開放するのが得策です。具体的には
5-10cmにわたるシーリングを施すよりも、開放することを
提唱します。上枠の隙間をシーリングでふさいでしまった
住宅の施工業者に「なぜ、全長シールをしてしまうのか」と問い合わせると、
「外からの水がサイディングの裏側に入らないようにするため」と
答えるのです。「内部には水が入るのだから、それを排出しなけれ
ばならない」という認識がかけているのでしょうか。
サイディングを取り付ける縦桟とサッシ上枠の納まりにも注意が
必要です。縦桟をサッシ上枠に「トン」と突き付けて固定すると、
上枠に雨水がたまりやすくなります。サイディングの縦目地に沿って
流れてきた雨水が縦桟に邪魔されて流れにくくなるからです。その結果
サッシ上枠部分の水位が上昇して、サッシのつばを越えて
室内側に流れてくるのです。職人の何気ない施工が雨漏りを起こしやすく
している一例ですね。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

 

PAGE TOP