サイディング壁張り付け

今回のご依頼は都内に在住のK様です。
K様は住居兼アパートにお住まいで60坪の建物のためなかなかリフォームするにあたり費用がかかるため踏み出せなかった。とのお声を頂きました。
確かに一般の都内の分譲住宅に比べて3倍の大きさになります。
K様が一番気にしているのは外装です。以前10年以上前に塗装をしたらしいのですが震災の影響からか壁にクラック(ひび割れ)が入っています。

image

K様のご希望は今後メンテナンスがかかりにくいリフォームをとのご依頼です。
そのご要望の回答はサイディング工法でした。
サイディングとは既存のモルタルの上に柱(下地)を打ち付けパネルをはる施工方法です。
金属サイディングのメリットは
1  軽く作られている
2 保温性がある(断熱材が入っているため)
3 耐震性(下地に柱を打ち付けるため角にはアルミ)
4 維持するコストがいらない
(セルフコートのため雨水で汚れをなぐします。)
5 塗装の必要性がない(金属サイディングのみ)

デメリット
1費用が塗装に比べてかかるため

↑のメリットやデメリットを考えK様の回答は10年ごとに塗装の費用がかかるよりサイディングをはって維持費がかからないようにとの事でした。

image

↑の写真を見て頂ければ左半分は柱が打ち込んであります。サイディングを張るための下地です。柱は455mmの幅でモルタルに打ち付けます。

image

↑が仕上がりです。K様工事ありがとうございました。

PAGE TOP