長引く今年の梅雨 被害を見つけたら焦らずご連絡を 目黒区

最近の長引く雨の影響でなんだか我が家も雨漏りかも、、、と思い電話したのですが。
そんなお話しは目黒区のT様からでした。
気になり2、3の業者へ聞いてみたところ、見積もりが大きく違うのはなぜ?なんでしょうか。
ということなのです。
私たちからお伝えしたいのは、実は本当に気をつけていただきたいポイントがあります。

今年のように雨が続いている状態で、何かしらの状況を発見した場合、
驚きとともにすぐになんとか治したい。と思うのが当然です。
このようなご家庭は、今までに雨漏り被害にあった事がない方がほとんどで
とにかく、即、直して欲しい とおっしゃるのです。
雨漏りの修理は修理方法や範囲によって大きく違いますので、原因の確定なしに見積もりだけが
先に出ることは本来はありません。

例えば、
単に外側からの侵入を止めれば良い場合、
または構造や内装仕上げ面まで修繕しなければならない場合、とで大きく変わってくるのです。
では、例えば瓦を例にとってみます。
割れてしまって天井部分にシミが広がり、これ以上の侵入を防ぐとしたら、屋根と内装の現状
復旧の2行程。しかし発見が遅く屋根下地まで腐ってしまていたら構造体補修を含めた3行程。
値段も大きく違ってきます。
屋根の張替えや上から新しい屋根をかぶせる場合などもあり、プロでないと判断は難しいと言えます。

しかし、最近よくある簡単な屋根修理見積もり ではすぐに安価な値段が出る代わりに、ただの
応急処置レベル である事も少なくありません。
この 応急処置は、単にシーリング材で隙間やヒビを埋めたり、割れた瓦を差し替えたり、ほぼ
半日で終わってしまう作業です。
結果再発し、発見が遅れればさらに大きな被害となってしまっていた。という例もあるのです。
しかし、大事な我が家のこの先に関わることですので、原因の確定と対処法の確定は重要です。

私たちは原因をしっかりと見極め、説明し、ご要望などをお聞きする段階に大きく時間をかけています。
そしてここまでの調査は全て無料で行っています。
まずは安心してお気軽にお問い合わせくださいね。

長引く今年の梅雨

 

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120−494−978
https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP