軒天の改修

デスクトップ 1

S邸の軒天を改修前に撮った写真です。塗装工事で改修しようか、新規の耐水板を打ち上げて改修しようか迷いましたが、このお宅の軒天は通気口がなく、通気口を設けながら新規に耐水板を打ち上げて改修するようにしました。ダンバー付の通気口を取り付けるための穴を数か所事前に開けておきました。

securedownload

securedownload

上の写真の様に軒天打ち上げ工事により、改修されました。耐水板のジョイントをH型のプラスチックジョイナーで合わせて外壁との収まりは化粧見切縁できれいにしました。横樋を脱着して破風板も塗装できれいにして軒まわりがすっきり改修されました。前にも記しましたが、軒天は思いのほか雨・風に影響されやすく下から吹き上げる風で雨のシミが付きやすく、腐食しやすい場所でもあります。目につく場所でもありますし、整備する必要がある場所です。塗装が剥がれたり、板にしわが寄ったり、水を含んで垂れ下がったところを見ることも有ります。その点このS邸は既存のまま塗装工事で済ませるより上打ちして下地の野縁にしっかり取り付けて改修したことは、これから将来の事を考えた場合耐久性に優れていて、正解だったのかと思います。このところ、軒天や破風板の改修の仕事が多く、連けて記事にしましたが、雨・雪・風に悩まされるこの時期、再考してみたいものですね。LOVESTYLE 担当諏訪

 

PAGE TOP