プロによる屋根調査の方法にはどんなものがある?【府中市】

雨漏りの原因は、屋根やベランダ防水膜の経年劣化、外壁のヒビ、窓のサッシのコーキングの硬化や雨どいの破損など、たくさんあります。原因がどこかを特定して修理をしないと、修理をしても、状況は改善しません。

 

そのため、DIYの技術が優れた素人の方が、「たぶん原因はここだろう」と修理をしても、全く雨漏りがやまない、ということがよくあります。

 

雨漏りは、プロの調査で原因をしっかり解明することが必要です。

では、プロはどのような方法で雨漏りの原因を特定するのでしょうか。

 

家屋調査はドローンで

 

 

《目視調査》

字のごとく、目で見て雨漏りの原因を特定します。最近ではドローンでの調査方法を取り入れる業者も多く、弊社も採用しています。

 

ドローンであれば、人が登れないところまで近付いて確認することができますし、お客様に一緒に見ていただくことができるので、「業者が修理費用を稼ぐために嘘を言っているのではないか」と心配されるような事態を防ぐことができます。

 

また、職人が屋根に登る高所作業費用がかからなかったり、短時間で調査を終了できるというメリットもあります。

 

 

《ファイバースコープ調査》

雨漏りが懸念される場所の小さな隙間などにファイバースコープを差し込んで中の様子を探る方法です。人が入れないような場所を解体せずに確認することができます。屋根裏や家の基礎材まで雨漏りの被害が及んでいるかなどが、かなり正確にわかります。

 

 

《散水調査》

水を撒いて人工的に雨を降らせ、わざと雨漏りをさせて原因となる箇所を特定します。技術費用以外に水道代もかかるので、先に見積もりなどをしっかり確認した方が良いでしょう。

 

以上が、雨漏り調査の中では比較的簡易的で安価な方法です。それでも特定できないような状況の場合、さらに本格的で高価な方法をとることになります。ガスを送り込むガス調査や、ブラックライトに反応する検査液を流し込んで発光させるレインボービュー調査、赤外線カメラで温度を確認する赤外線サーモグラフィー調査などがあります。

 

ご自宅の雨漏りが心配な方、まずは、長年府中市の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。

 

また、弊社では、ドローンによる無料の屋根調査を行なっています。

 

テスト運用期間のみなので、気になるという方、具体的に屋根のことで悩みがある方、ぜひ出来るだけ早く弊社へご連絡ください。ドローン調査に至らなかった場合も、ご相談については無料です。

今後はYouTubeにも動画をアップして行きますのでご興味のある方はぜひご覧ください。

 

お見積もりやご相談は無料です。フリーダイヤルもしくはメールにてお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120ー494ー978

お問合せ https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

お気軽にご連絡ください!

PAGE TOP