軒天の改修工事

デスクトップ

このお宅は軒天が昔からの古い状態のまま残されていて垂木も野地板も写真の様にむき出しに成っていました。雨風に経たれて変色し、壁やその他がきれいに改修されているために、非常に目立っていました。このままでは近い将来腐食し、化粧カバーが出来なくなると言う事で、新しく軒天を作り、カバー改修することにしました。お客様も前から気に成っていたようで、私たちの提案に、すぐに賛同して頂きました。

ですくとっぷ3

securedownload

上の写真は軒天が仕上がった状態の写真です。垂木の先端に破風板を取り付け、軒天専用合板(耐水板)で仕上げてあります。これで垂木材も野地板の裏側も見えなくなり、腐食の心配がなくなりました。これからはどんな雨風にも心配はいりません。壁面に細い見切り材を取り付けて、ジョイナーや、要所には変性シリコン材でシール処理をしてあります。きれいにすっきりと仕上がって、大変喜んでいただきました。軒天や破風板の部分は直接雨風が吹き上げます。家の改修には外壁や屋根の改修と同じように必要な場所に成ります。他にも霧除け屋根の改修とかあまり普段気にかけない場所で、手を入れていかなくてはいけない場所が沢山ありますが、又の機会に書き込んでいくことにします。今回の軒天の改修は下地を化粧改修したことで、数年後、次回の改修は塗装改修位で良いでしょう。担当諏訪

 

PAGE TOP