梅雨が来る前にバルコニーの雨漏り修理(杉並区)

雨漏りは、屋根からと思われる方が多いですし、実際そうなのですが、
バルコニーからの雨漏りも決して少なくありません。
バルコニー内にある水切りとサイディングの間の全長シーリングは、
裏側を流れ落ちる雨水の障害物になります。この部分は速やかに
雨水を排出する配慮が必要です。サイディングの基礎部分に設けた
水切りの排水口をシーリングで埋めてしまった住宅は、現在ではほ
とんど見かけなくなりましたね。「雨水を排出する」という考え方
が徹底されてきたからだと思います。しかし、バルコニーの排水口
に関してはその認識がまだ徹底されていない印象です。杉並区の
W様のお宅は、2階ベランダにある排水口をシーリング材でふさいで
いました。そのため、2階のサイディング横目地から雨水が侵入して
いたのです。本来はバルコニーの水切り部分から排出されるはずの水
が排水口をシーリングでふさいでいたために排出されず、壁体内
にたまった水が室内側に侵入し、1階の和室の間仕切り中央付近に
流れ出たのです。サイディングと同じように、外部仕上げ材の内側
まで雨水が侵入することを前提としている材は少なくありません。
侵入した雨水を排水しやすいように、開口部周りや水切り部分を
設計、施工する必要があります。

バルコニー

建物に湿気は厳禁です。特に、木造は乾燥させないと腐食が付いて
まわります。できるだけ短時間で水を排出するために、上から流れて
きた水を最短距離で排出することが重要です。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP