いつの間にシロアリ被害? 梅雨前の今調査をお勧めします。 墨田区O様

雨漏りが原因でその他の被害、結露やシロアリ発生までも起こってしまう事をご存知でしょうか?
最近CMでシロアリのことを見て、墨田区のO様から、心配で、、まずは調査を との依頼をいただきました。

拝見すると築年数は古いながら、まさに日本らしいお宅です。
でも建築時に防蟻処理はしていないと思う との事。
1Fサッシ横の柱の痛みが目立ち、雨水が徐々に染み込んで劣化している様子が見られました。
更によく見ると、サッシ横の柱の痛みは2Fサッシからの雨漏りで、壁内を伝わって1Fまで
進んでいたものだったのです。

早速ご説明後に修理依頼をいただき、工事を始めると、やはりシロアリ被害が発生していました。
シロアリはとても湿気を好みます。日本中どこにでも生息している事もあり、100%
防ぐ事は大変難しいと言えます。しかし、表面ではわからないうちに壁内部で柱や梁を食べ進み
気付いた時には被害が拡大している場合もあるのです。
また、シロアリではないヒメアリが湿気を含む壁内に巣を作ってしまう場合もあり、いきなり
台所から出てきた。なんて事も。

O様のお宅はまずはシロアリを排除する作業を行い、その後防蟻材剤処理、通気と防水を兼ね備
えた処置を施しました。

冬の間は乾燥しているので、湿気の原因について思いつかないお宅がほとんどですが
じわじわと柱や屋根裏に含まれて溜まった湿気で、見えない被害がいつの間にか進む場合が
ほとんどです。まさに梅雨前に工事をされて、本当に良かったと言えます。
少しでも気になることがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

いつの間にシロアリ被害

 

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120−494−978

https://www.lovestyle-tokyo.com/form/