CAの男性がこれから増える?梅雨の雨漏り対策なら弊社にご相談ください【保土ヶ谷区】

見えないところにダメージ 屋根調査

かつては女性の憧れの職業だったスチュワーデス。
平成に入り、スチュワーデスからキャビンアテンダント、CAなどと
呼び名が広がり、それと同時に働き方も変わりました。

湾岸戦争後は燃料の高騰や旅行客の減少で、世界的な航空不況が起こり、
これまで高待遇だった客室乗務員にも合理化の波が吹き荒れました。
給料の見直しやフライトごとにCAの数が減らされたことで、1人の負担が増え、
外国人を採用する動きが広がりました。
また98年以降はスカイマークエアラインズなも順次新規参入してきたことで、
激しい価格競争が起こり、客室乗務員に求められるサービスも変わりました

現在LCCのジェットスタージャパンでは約2割、バニラエアでは約1割が
男性となっています。全日空でも4月から初めて男性4人を国内採用し、
LCCの台頭で男性採用の門戸が広がってきました。しかしながら、医者や
研究者などの男性が多い専門職への女性参入に比べると、女性が多い職業への
男性参入の動きはかなり鈍い。今後は男性の参入を後押しするような専門職化や
待遇の改善など、より一層の企業のサポートが必要ですね。

梅雨を迎える前に本格的な雨漏り対策をしませんか。
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、四六時中自然環境にさらされており、
ダメージを受けやすいところです。弊社では屋根調査にドローンを活用しているため、
ドローン画像で一緒に確認しながら安心して今後の補修計画を立てられます。
雨漏り対策がされていないと、台風や梅雨で被害が拡大し、修理が大がかりなものに
なっていまいます。 今のうちに屋根調査して悪いところがないか調べませんか。
ご興味のある方は下記までお気軽にお問合せください。
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com
フリーダイヤル 0120-494-978

PAGE TOP