屋根修理[梅雨に備えて破風板の修繕]>新宿区

屋根からクギが飛び出しているので調査に来てください、と新宿よりご相談いただきました。
放置すると雨漏りの心配とともに強風で屋根が飛ぶ可能性もあるので早めの調査に行ってきました。
現場を見てみると、クギが飛び出しており、
屋根の破風板はボロボロになって、手で触ると塗装が落ちてきます。
これ以上放置しておけない状態だった事が分かります。

Jpeg

破風板(はふいた)は風が屋根内部に入り込むのを防ぐ役割があります。
同時に台風などの強風の時に、上からではなく横や下から吹きつける雨を防いでいるのです。
そしてもう一つ、破風板は垂木などを隠す役割もしています。
破風板に使われるのは、主に金属系、木質系、窯業系があります。
中でも金属系のガルバリウム板金は、多く使用されています。

修理には大まかに、塗装し直しだけで済む場合、既存の破風板に板金を巻く場合、
破風板を交換する場合と3通りあります。
こちらの建物の場合、劣化がひどく台風などの強風の時に
クギが抜け落ちてしまう危険もある事を考慮して、
破風板自体を交換する事になりました。
屋根からクギが飛び出しているのを発見した場合は早めの対処が必要になります。
梅雨前に修繕できて、安心していただけました。

★ドローンによる屋根調査のご相談もお待ちしております。
※LOVE STYLEでは国土交通省によるドローン飛行許可も取得済みですので安心してお任せください。

現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP