壁の塗装

雨が酷く降った後に部屋の壁にシミが出来るとの連絡を受け、直ちに現場の調査を実施しました。その時の状況を報告します。

塗装面に多数のクラック、チョーキング現象、及び壁の切れ目のコーキングがだいぶ劣化している状況でした。

   
壁の全塗装または、サイディングをご提案し、お客様のご要望により全塗装を実施する事にしました。

まずは、高圧洗浄機による洗浄で汚れを出来る限り落とします。その後、下地塗りを行います。壁がモルタル面なので下地材としてシーラー材を使用しました。それを使用する事で塗装面

とモルタル面との接着効果がより良くなります 


 
下地材を完全に乾燥させてから本塗りを行います。今回は、シリコン系の塗料を使用しました。塗料材の中では、フッ素系に次ぐ性能を誇る塗料となります。   

 酷く穴が開いている部分は、コーキング材にて穴を塞ぎ塗装しています。増築している繋ぎ目が不具合を起こすケースが良くあります。ほとんどの原因が老朽化によりますね。弊社では、被膜目の保証も含めて10年間の保証期間を設けており ます。

今回のお客様は、壁の塗装とは別にベランダ及び階段側の防水工事も実施させて頂いております。次回は、防水工事の状況報告をします。乞うご期待⁉️

ホームページ

https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル

tel:0120494978

 
 
   
 

PAGE TOP