屋根修理[雨が降る日が続く梅雨]>足立区

梅雨時期のように続けて雨が降る日が続くと、雨水の処理が間に合わず
今まで持ちこたえていた場所から雨漏りが始まってしまう事があります。

足立のお客様より、窓のサッシに雨染みを発見したとご相談がありました。
現場を見てみないと詳細が分からないので、さっそく調査に伺いました。
2階窓近辺を調査してみると、外壁の下地板に雨水の垂れた跡が見られます。
しかし窓と外壁の取り合いに隙間やヒビは見られず、
すぐ上に位置するバルコニーも防水処置されていました。

554

私たちに寄せられる雨漏り相談にも多いケースですが、原因はバルコニーのドレンでした。
ドレンのすぐ横に隙間があり、そこから室内に浸水して2階の窓サッシに染み出していました。
降った雨水を全て受けとめるドレンは、
梅雨のように雨が降る日が続くと非常に浸水しやすい場所なのです。

バルコニーや屋上にあるドレンには主に縦引きと横引きの2種類の形があります。
いずれも、バルコニーや屋上の雨水を樋へ流している重要な役割を持っています。
こちらのケースではドレンを取り替える事なく、
ドレンと樋と防水材が一体になった改修用ドレンの取付けにより、雨漏りが無くなりました。
バルコニーの防水加工と合わせてご依頼いただき、ご満足いただけて安心しました。

★ドローンによる屋根調査のご相談もお待ちしております。
※LOVE STYLEでは国土交通省によるドローン飛行許可も取得済みですので安心してお任せください。