サッシ枠下部の雨漏り修理 -2-(杉並区)

昨日のブログの続きになります。
サッシ枠が防水施工前に取り付けられている場合、
どうして雨漏りが起こるのかを説明いたしました。今回は、そういう場合どう
対処していくかをお話ししたいと思います。基本的に
サッシ枠が防水施工前に取り付けられた場合、サッシ枠裏側の防水層端部
は非常に目視確認がしづらくなります。また、作業姿勢も辛く、
現場泣かせの箇所となります。しかし、水密性を覚悟する上では
非常に重要であるので、根気よく取り組むしかありません。
特にFRP防水層の場合、防水材の性質から防水層端部の見切りを確実
に行うことがポイントとなります。施工に関しては、マスキング
テープなどで養生を施し、サッシ枠に防水材が付着しないように配慮します。
適切な位置で防水材を見切り、確実なシーリングを行うことが重要です。
このように杉並区のA様の現場は、手こずりましたが、おかげさまで
その後はサッシ下部よりの雨漏りは大幅に改善され大変ご満足いただけました。
たくさんの現場を経験しても、毎年さまざまな新しい現象に出くわすので
新鮮です。それほど、家の建てられ方、部材の種類が様々ということでしょう。
これからも現場を通していろいろ学び、次に生かせるよう努力いたします。

サッシ枠下部

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP