瓦からの雨漏り修理

今回のご依頼は東京都杉並区のA 様邸からの調査依頼でした。A 様は築40年建っていますが凄く手入れをしていました。 水回りの改修や外装内装みんな20年前に直したとのことですが屋根は直したはずが瓦にコーキングを塗っただけでした。 隙間から水が侵入して連日続いた雨により雨漏りを引き起こしました。気がついた時にすぐお電話を頂いたので早急な対応ができました。 屋根瓦材は三州瓦でした。瓦の光沢は勿論見かけは大丈夫そうですが棟部分のズレや瓦にコーキングを塗っているので水が廻ったのでしょう! A様の依頼で瓦から金属屋根に吹替の提案をいただきました。 金属屋根に吹替るメリットとは? 1 軽く屋根がなるので柱に負担が瓦よりかからない。(軽くなることにより耐震性も期待できます。) 2手入れをする必要性が少ない(瓦だと漆喰やコロニアルだと塗装が必要です) 大きく分けて上の2つです。 デメリットは雨粒の音が気になるかたは気にします。ただ防音の下地処理もあります。 ではA様の瓦の解体に移ります。 次に下地処理です。 構造用合板9mmを仕様します。勿論広駒井もルーフアスフェルトも仕様します。 そして役物と屋根取り付け完了です。 A様工事いただきありがとうございました。 後日A様から雨漏りが止まったと感謝のお電話いただきました。 小さな事やお困りの事がありましたらメールもしくはフリーダイヤルにご相談ください。お見積りや調査は無料です。お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120-494978   Eメール:innfo@lovestyle-tokyo.jp

PAGE TOP